2019-06

ブロンプトンカスタム

ブロンプトン 自作バックパッククリップ

ブロンプトン自作バックパックバーの作成中、こんな大げさなバーを作らなくても大丈夫な気がしてしょうがなかったので、早速第2弾の名付けて「自作バックパッククリップ」を作ってみたところ、正直こっちの方が全然良いと思いました。
ブロンプトンカスタム

ブロンプトン 自作バックパックバー「脱着式」

ブロンプトンのサドルとキャリアを利用して、バックパックを付け旅をしている人が沢山います。でもどうやってバックパックを付けているのか分かりません。You Tubeでも、サドル後方にバーが付いていて、そこからバックパックを付ける動画はありますが、肝心のバーをどうやってサドルに付けているのか分かりませんでした。
雑記

ブロンプトン旅に最適なテント選び

ど素人のテント選び。 私は約40年前、高校生の頃1度テント泊しようと、河川敷へ行ったことがあります。でもその日は、夜になり雨が降り、川の水嵩が増し危険を感じ、あきらめ帰宅する事になりました。 それ以来この歳までテント泊は1度もした事なく、どんなテントが良いのか解らず、一人でテントを5つ6つ保有している先輩から学んだり、ネットで調べたりと少し勉強しました。
ブロンプトングッズレビュー

ブロンプトンのボトルゲージホルダーにリクセン&カウル「ボトルクリックAM840」

リクセン&カウル「ボトルクリック」は、リクセン&カウルお得意の取外しが出来るボトルゲージ取付パーツです。 ブロンプトンの様に、ボトルゲージを付ける場所が無い自転車には非常にありがたいパーツで、フロントバッグを使用する時は外し、使用しない時は簡単に取り付けが出来でしまう便利パーツです。
雑記

日焼け止めは、汗で流れ落ちないウォータープルーフNULL日焼け止め

サイクリストが、初夏から気をつけたい熱中症と脱水症と紫外線対策。 中でも私は、日焼けによってパフォーマンスが落ちドッと疲労感を感じることがあります。 あまり大きな声では言えませんが、ここ数年は疲労が抜け切らず、翌日の仕事に影響が出てしまう事もしばしば、そんな疲労感を少しでも減らすため、新たに導入した日焼け止めとは。
ロードバイクグッズレビュー

ロードバイクのおすすめワイヤーロックはコレ!

サイクリストが頭を悩ませるロードバイクの盗難対策、強度が高いとされるU字ロックやチェーンロックは非常に重く、逆に軽量なワイヤーロックはニッパーでも簡単に切断されてしまいます。 もしかしたら、家近のコンビニへ行くならU字ロック、郊外の峠へ行くならワイヤーロックと、 使用用途によって鍵を使い分けている人も居るかも。 しかし、残念ながら現状では強度が高くとも絶対に破壊されない鍵は存在しません。
ブロンプトン

ブロンプトン輪行のメリット・デメリットとは

2018年6月B-SPOKEで、ゼミオーダーしたP2Lの納車され、ちょうど1年が経過し輪行も含め走行距離も2000kmに達したところで、改めてブロンプトンのメリット・デメリットをまとめたいと思います。