ブロンプトンカスタム

ブロンプトンカスタム

ブロンプトン「Continental CONTACT URBAN」 インプレ

ブロンプトンのタイヤを「Continental CONTACT URBAN」に入れ替え1.000kmを超えました。綺麗な舗装路は勿論、未舗装路、100km超えのサイクリング、更に標高1500m近くの峠道など、一通り走ったので、以前のタイヤ「シュワルベ コジャック」との比較インプレしてみたいと思います。
ブロンプトンカスタム

ブロンプトンにスマホ用ハイブリットマウントを作った話

ブロンプトンにスマホを付けるため、ロードバイクで使用しているトピーク ライドケースマウントを付けようと、あれこれ考えハイブリットマウント制作を試みた話。
ブロンプトンカスタム

ブロンプトン Pハンドルコックピット理想への道のり

ブロンプトンのコックピットを理想に近づけるため、サイコンの位置やスマホホルダーとかクランプアダプターなどを屈指し色々と試して来た結果、ほぼ理想形となったコックピット。しかし思わぬ落とし穴で、またまた苦戦。
ブロンプトンカスタム

ブロンプトンのタイヤをContinental CONTACT URBANに交換

先週ブロンプトンのタイヤを交換するため、Continental CONTACT URBANというタイヤを購入しました。現在のタイヤ「シュワルベコジャック」の総走行距離は4.200kmを超えたところで、もう300km位行けると思ってましたが、「緊急事態宣言」が発令されたので、輪行旅を自粛し暇つぶしにタイヤ交換しました。
ブロンプトンカスタム

ブロンプトンのPハンドルにスマホとサイコンを付けた話

ブロンプトンのPハンドルは、ロングライドに適した独特な形状のため、ストレート部が殆ど無くサイクルコンピュータすらまともに付ける事が出来なのが難点。そこであれこれ対策を講じていましたが、今回マルチホルダーを導入しスマホもサイクルコンピュータもスッキリ装着出来ました。
ブロンプトンカスタム

キャラダイス サドルバッグをベルト式からバックル式に改造してみました。

今年の8月、日帰り旅にキャラダイスのフロントバッグが大き過ぎると、同じくキャダイスのサドルバッグ(ジュニア)9Lを購入し、リクセン&カウルアタッチメントを工夫してサドルに付けたのですが、実際使ってみるとデメリットが多い事がわかりフロントバッグに改造してみました。
ブロンプトンカスタム

【和田サイクル】ブロンプトン用オリジナルフロントキャリアを買ってみた。

ブロンプトンのフロントバッグは、キャラダイスの25Lを持ってるけど実はあまり使ってません。理由はそこま大きいバッグは必要ないと感じているから、そんな訳で同じくキャラダイスのサドルバッグ11Lを使ってみたけど、これも今一つなので和田サイクルのフロントキャリアを買ってみました。
ブロンプトンカスタム

キャラダイス(Carradice) ジュニア ブラック

ブロンプトンで日帰り旅をしていつも思うのが、キャラダイスフロントバッグの大きさ、どう考えても日帰りには大き過ぎます。しかし取外しの楽さから、なかなか他のバッグに換える気にならずにいましたが、ちょつとしたヒラメキからキャラダイスのサドバッグ(ジュニア)を購入してみました。
ブロンプトンカスタム

【ブロンプトン】サドル用リクセン&カウル試作アタッチメントホルダー

過去記事でブロンプトンにバックパック装着のため、バックパックバーやバックパッククリップと命名したカスタムパーツを制作しましたが、それらは1泊2日以上の旅仕様のため、ちょっと出かける時不便を感じたので、定番のリクセン&カウル化にしてみました
ブロンプトンカスタム

ブロンプトン 100均ペンケースでツールBOX試作

ブロンプトン旅は、キャラダイスフロントバッグに鍵やツールBOX(パンク修理セット)など全てを入れ、用意万全なのに、ちょっと出かける時はフロントバッグを使わないため、かなりの確率で忘れてしまう、無くてはならない鍵とツールBOX(パンク修理セット)、そんな大切な物を忘れないためツールケースを自作してみました。