ロードバイク

ブロンプトン

お洒落なハンドメイドサイクルキャップを買った話

あなたはサイクルキャップを被る派、それとも被らない派?私は被る派です。サイクルキャップは汗を吸収し、ツバで雨を防いでくれたり、強い日差しから顔の日焼けを防いでくれたりとメリットはたくさん、でも1つだけ欠点が。それは特徴的なデザインから来る違和感。今回それを解消してくれたのが「縁enishi」サイクルキャップです。
ロードバイクグッズレビュー

本当に涼しいアームカバー「エヌリット(N・rit)チューブナインクーレット2」

真夏のロードバイク必須アイテムと言えばアームカバーですね。何故アームカバーが必須アイテムかは、強い日差しを浴びながら走るロードバイクは、日焼けと暑さで想像以上に体力を消耗します。そこで活躍してくれるのが、優れた吸汗速乾性とUPF50+の紫外線遮蔽効果に加えて、接触体感温度を下げてくれるアームカバーは大変役立つアイテムだと思います。
ロードバイク

腰痛リハビリライドで時坂峠

変形脊柱管狭窄症による腰痛発症から1週間、薬のおかげで痛みもだいぶ治まり、久々の天気なのでハビリライドに出かけました。もちろん腰痛は治ったわけでは無く、痛みもまだあるので、無理せず軽めに時坂峠へ向かう事にしました。
ロードバイク

ロードバイクで行く高ボッチ高原

コロナ感染対策のため県を跨ぐ移動の自粛が解除された先週末、前々から行きたかった高ボッチ高原と白樺湖の合わせライドに出かけましたが、思わぬ激坂に苦戦と高原での観光とで、白樺湖まで行く時間が足りず断念。
ロードバイクグッズレビュー

パールイズミ「PEARL IZUMI」UVフェイスカバーレビュー

パールイズミ「PEARL IZUMI」UVフェイスカバーを買ってみました。理由は日焼け対策と言うよりも、コロナウイルスの飛沫感染対策です。もちろん完全な対策ではありませんが、マスクやbuffでは苦しくて走れず、ここはパールイズミさんの力をお借りしようと購入し走ってみました。
ロードバイクグッズレビュー

コスパ最強 P&P WH-A1500R BLACK LYCAONアルミクリンチャーホイールを買った話

ここ数年トレンドの黒リムクリンチャーホイールを探していたら、P&P COMPONENTS(聞いた事のないメーカー)からブレーキ面にセラミックコーティング施した1500g以下の黒リムアルミクリンチャーホイールが限定100セットで販売されていたので購入してみました。
ロードバイクグッズレビュー

ロードバイクのトルク管理にSamuriding トルクレンチを買った話

ロードバイクのメンテナスやパーツ交換に必要不可欠なトルクレンチ。しかしトルクレンチは測定器に分類される為有名メーカー品はかなり高価、そこで今回は校正証明書と交換返金保障、更に1年保障が付く「Samuriding トルクレンチ」を購入したのでレビュー致します。
ロードバイク

サイクリイングで「3つの密(密閉、密集、密接)を避ける」方法

令和2年4月7日に、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が行われ、これにより外出する人がかなり減った印象です。私はサイクリストの端くれですが、先々週と今週のサイクリングで特にそれを実感しました。でもサイクリングには秘策が有ります。
ロードバイク旅

ロードバイクで琵琶湖1周「ビワイチ」3月初旬は寒過ぎた。2日目後半

ビワイチ2日目後半は、瀬田唐橋から北上し米原まで。途中琵琶湖サイクリストの聖地や、商人の町近江八幡市新町、そして今回のメインとしていた彦根城を観光するルートでしたが、まだ新型コロナウイルス感染者(3月7日現在)が出てない滋賀県にも影響が出てました。
ロードバイク旅

ロードバイクで琵琶湖1周「ビワイチ」3月初旬は寒過ぎた。2日目前半

ビワイチ2日目は早朝8時前に出発です。宿を出て直ぐ目にしたのは霜が降りて真っ白な畑、今日もかなり冷え込み自分の息が白く、薄手手袋では防寒不足を感じるほどですが、これから大津方面へと向かいます。