ロードバイクで行く「餃子 宇都宮 みんみん」

ロードバイク旅

餃子と言えば、栃木県の宇都宮餃子か静岡県の浜松餃子ですが、八王子から日帰りで行けるとしたら宇都宮なのでちょっと遠いですが行ってみました。

スポンサーリンク

宇都宮を目指す

ルートラボでなるべく最短距離で行ける様、線を引いてみましたがそれでも片道140km弱とかなり遠いので、久々に朝4時半過ぎに出発しました。
しかし今日は脚の調子がイマイチ。
走りだしてわずか40kmで左足膝裏に違和感が出始め、気にしつつも鴻巣を目指し
407号線を走り鶴ヶ島を超え50kmを超えると違和感から軽い痛みに変わりました。
今日の距離から考えるとリタイヤと言う選択もありましたが、殆ど平地なので、負荷を掛けなければ大丈夫と、そのまま進んみ鴻巣を過ぎ27号線で荒川を渡ります。

しかしこの川幅日本一の定義どうにかした方がいいと思います。どう考えても川の中に民家があるのはおかしい、そもそも川は国有地なはず?
まぁ詳しい事は解らないのでこの辺にしとき前へ進みます。

次は46号線で利根川を渡り谷中湖方面へ向かいます。

ここって3県が入組んでるんですね走ってるとこんな文字が。
そして栃木県入りです。

ここまで87km時刻は8:45 で残り約50kmです。ここに来て宇都宮の標識が見え残り39kmこのぶんだと11時前に到着しそうです。
次に見えたのは日光まで28kmの標識、宇都宮から日光ってすごく近いですね、チャンスあれば日帰りで行ってみたいです。

宇都宮 みんみん 本店 について

みんみんは、昭和33年創業の宇都宮餃子を代表するお店。
安くて美味しいものをという想いで、こだわりの「焼餃子」「揚餃子」「水餃子」を提供し続けている。

10時50分「宇都宮みんみん本店」に到着。
すると、お店の前に居た女性警備員さんに、お食事ですかと声を掛けられ、自転車ならここに止めて下さいと言われ、開店40分前にも関わらず、列をなす15人程の最後尾に並びました。
しかし個人店みたいな小さなお店に、警備員さんが居るとはさすが名店。
またその警備員さんが各お客さんの人数リストを作成し後に店員さんが
メニューを持ちながら注文を聞いて歩くシステムのようです。

宇都宮みんみん 本店
TEL/028-622-5789
住所/宇都宮市馬場通り4-2-3
営業時間/11:30~20:00
定休日/火曜、月2回水曜
アクセス/車:JR宇都宮駅から徒歩約15分
駐車場/契約駐車場(宮パーキング)お食事の方は宮パーキング(店舗正面)が1時間無料、岡川駐車場(徒歩3分)が1時間30分無料となります。駐車券を必ずお持ちください。※おみやげの方は宮パーキングが20分無料となります。

メニューはこれだけ

おすすめの組合せ

セットメニューではないので、組合せは自由みたいです。

焼き餃子、揚げ餃子、水餃子 3種 について

こちらは焼き餃子
餃子は国産野菜7.5、肉2.5の比率で白菜がメインであまりニンニクの匂いがしない、あっさりした味付け。
揚げ餃子はパリパリの触感がたまりません。

水餃子は、小皿に醤油、酢、ラー油を入れ、自分好みに調合した(若干濃いめ)タレを作り、餃子と湯の入った、どんぶりに注ぎ込みスープ餃子のようにしていただきます。

焼き餃子、揚げ餃子、水餃子と計18個食べましたが、一つ一つが小ぶりなので腹7分目くらいでした。

走行距離:279km

コメント